INFORMATION インフォメーション

開催概要 Information

日程 2016年11月26日(土)~12月2日(金)
会場 京都シネマ(COCON烏丸3F)
チケット料金 ・1プログラム券 500円(税込)
・フリーパス券 1,000円(前売税込) 1,500円(当日税込)
前売券は以下の方法でご購入できます。
お問い合わせフォーム
お名前・お電話番号・メールアドレス・ご住所・チケットの種類と部数を明記の上、ご連絡ください。※銀行振込のみ、手数料は購入者負担
②京都シネマ窓口
お問い合わせ(本映画祭) 第19回京都国際学生映画祭実行委員会
〒600-8216 京都市下京区西洞院通塩小路下ル
キャンパスプラザ京都内(月曜休館)
TEL:075-353-9430 FAX:075-353-9101 E-mail:info@kisfvf.com
※上記不在の場合:公益財団法人 大学コンソーシアム京都
Tel:075-353-9189 Fax:075-353-9101
お問い合わせ(会場) TEL:075-353-4723

最終審査員紹介 The Final Judges

坂本安美Abi Sakamoto
アンスティチュ・フランセ日本 映画プログラム主任/映画批評家
Chief film programmer of Institut français du Japon and Critic

©Satoshi Shirasawa

アンスティチュ・フランセ日本 映画プログラム主任。映画批評家。『カイエ・デュ・シネマ・ジャポン』誌元編集委員。
1996年より旧東京日仏学院にて映画上映の企画・運営を担当。
フランスから様々な監督、俳優、映画批評家らを招聘し、映画作品とその上映、そして批評との関係をめぐる野心的な企画をオーガナイズし続けている。
2012年にはロカルノ国際映画祭にてOpera Prima(新人部門)の審査員、2014年のカンヌ国際映画祭では「批評家週間短編作品部門」の審査員を務めた。
2014年、ケント・ジョーンズ監督『ヒッチコック/トリュフォー』の日本での黒沢清監督インタビュー撮影の製作指揮を務める。

She is a chief film programmer of Institut français du Japon and has belonged to an editorial team of Cahiers du cinéma Japon as a critic.She has planned and directed film programs at ex-Institut franco-japonais de Tokyo since 1996.
Inviting various directors, actors, actresses, and critics from France, she is organizing ambitious plans concerning their films, screening of them, and critiques.
She joined the jury of Opera Prima at Locarno Film Festival in 2012, and also the jury of Semaine de la Critique of Cannes Film Festival in 2014.
That year, she produced a documentary on Kiyoshi Kurosawa within Hitchcock/Truffaut directed by Kent Jones.

土居伸彰Nobuaki Doi
ニューディアー代表/新千歳空港国際アニメーション映画祭
フェスティバル・ディレクター
President and CEO of New Deer, Inc.., Festival Director of New Chitose Airport International Animation Festival

1981年東京生まれ。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了、博士(学術)。
新千歳空港国際アニメーション映画祭フェスティバル・ディレクター。
ロシアの作家ユーリー・ノルシュテインを中心とした非商業・インディペンデント作家の研究を各大学の非常勤講師や助手を通じて行うかたわら、Animations Creators and CriticsやCALFといったグループの一員として、上映イベントの企画や執筆等を通じて、世界のアニメーション作品を広く紹介する活動にも精力的に関わってきた。
海外映画祭での審査員やキュレーターとしての活動経験も多い。
2015年、株式会社ニューディアーを設立。
『父を探して』(アレ・アブレウ監督)や『明日の世界』(ドン・ハーツフェルト監督)の劇場用配給など、世界のアニメーションの才能をつながるべき場所へとつなげる活動を積極的にスタートさせる。

Nobuaki Doi was born in Tokyo in 1981.
He earned his Ph.D. from the University of Tokyo, completing his thesis on the animated films of Yuri Norstein.
In 2015, he was commissioned as festival director for New Chitose Airport International Animation Festival.
Doi has worked as a curator, researcher, and critic of animation.
He was a co-founder of CALF, a collective of Japanese independent animators that produces DVDs of independent Japanese animations and introduces Japanese audiences to excellent foreign animations through special screening events.
After taking over the CALF distribution division, Doi established New Deer, Inc. in 2015.
The company has distributed The Boy and the World (dir. Ale Abreu) and World of Tomorrow (dir. Don Hertzfeldt) so far.

富岡邦彦Kunihiko Tomioka
CO2運営事務局長/PLANET+1代表
Head of Cineastes Organization Osaka and PLANET+1

1960年神戸生まれ、関西学院大学卒業後、シネクラブ活動を経て、初期の黒沢清作品の脚本を執筆、1995年にプラネット映画資料図書館の上映室としてプラネット・プラスワンを運営。
映画史上の古典作品を中心に上映。1997年以後は大阪芸大の熊切和嘉、山下敦弘、柴田剛らの若手監督の上映、シネトライブ主催から始まり、山下敦弘の「ばかのハコ船」など初期作品をプロデュース。
2004年よりシネアスト・オーガニゼーション大阪を立ち上げディレクター、プロデューサー、事務局長として作品選定、ワークショップにかかわる。

Born in Kobe in 1960.
After graduating from Kwansei Gakuin University, he joined a film society and wrote screenplays of early Kiyoshi Kurosawa films.In 1995, he established Planet+1 as a theater of Planet Film Archive & Library and screened classic films mainly.
Since 1997, he screened films by Kazuyoshi Kumakiri, Nobuhiro Yamashita, and Go Shibata, who were young directors from Osaka University of Arts.
He also organized CineDrive and produced early Nobuhiro Yamashita films such as No One's Ark.Since 2004, he has been concerning with film selection and workshop as a director, a producer, and a head of Cineastes Organization Osaka.